〒278-0022 千葉県野田市山崎1897番地の3

営業時間:11:00~22:00

お気軽にお問合せください

04-7161-1140

酸素カプセルについて

酸素カプセル

設備案内・料金

こちらでは酸素カプセルについて紹介いたします。

近年トップアスリートのなかでは当たり前になってきている酸素カプセル、とりわけボックスタイプの酸素カプセル内でマッサージやストレッチを行いより効果を高めることが注目されています。また、その効果は多岐にわたりますのでスポーツをされていない方でも血流改善・代謝アップにより疲労回復、眼精疲労、二日酔い、美容、アンチエイジングに効果が期待できます。ぜひ一度お試しください。

料金表

料金についてご案内いたします。

基本料金表
40分(減圧等により実質60分)¥1,000税抜(税込\1,100)
90分(実質100分)

¥2,000税抜(税込\2,200)

高気圧酸素カプセルについて

酸素カプセルの効果

  1. :酸素が脳に行き渡ると集中力・記憶力がUP。
  2. 疲労復復:疲労物質を高濃度酸素が分解。
  3. 体温:手先、足先まで酸素が巡り温かさを実感。
  4. 脂肪:酸素は脂肪分解酵素(リパーゼ)を活性化。
  5. 美容:酸素は肌細胞を活性化、美肌・白肌に効果的。
  6. アルコール:アルコールの分解にはたくさんの酸素が必要、二日酔いに効果的。

​効果をより実感して頂くためには定期的な継続が必要です。たっぷり摂取した酸素も3日後には減少していきます。まずは週1回、1ヶ月を目途に続けて頂くことをおすすしています。

プロ球団やトップアスリートも使用するボックスタイプ

現在、中日ドラゴンズやソフトバンクホークスの球場内には大型酸素カプセルが設置されています。選手達は試合前に酸素カプセル内でストレッチを行うことで可動域を広げパフォーマンスをアップ、試合後はマッサージを受け疲労回復するという使用方法をしています。ボックスタイプは大人2人がゆうに入れる大きさなのでそういったことが可能なのです。日々の練習で疲労が蓄積された中高生や試合前にパフォーマンスを高めたい大学・社会人など様々な方にいろいろな用途でお使いいただけます。

酸素カプセルの流れ

お問合せから酸素カプセルサービス提供開始までの流れをご説明いたします。

お問合せ

空いていればいつでもご利用頂けますが電話にてご予約をおすすめします。店舗営業時間外でもお受け致しますのでお気軽にご連絡下さい。

ご来店

ご予約頂いた時間に店舗までお越しください。酸素カプセル内でストレッチやトレーニングを行われる方はチューブ等をご持参ください。(バランスボールは気圧の関係上、破損する可能性がございますのでおやめください)   疲労回復等に効果がございますのでなるべくリラックスできる服装でお越しください。

また、ご利用前にサプリメント等を摂取されると効果をより高めることが期待できますのでおすすめです。面倒な準備一切ございませんのでお気軽にご利用ください。

酸素カプセル開始~終了

ベーセンでは1回40分で設定しておりますがカプセル内に酸素を取り込む時間と減圧する時間がございますので1度のご利用で合計60分となっております。一度開始されると気圧により扉が完全に閉じますのでお手洗い等を済ませてからご利用ください。(万が一気分が優れなかったり、不安な場合はカプセル内のインターフォンでお呼びください。すぐにスタッフが駆けつけ緊急停止をすることも可能ですのでご安心ください)カプセル内には携帯電話やスマートフォンの持ち込みも可能ですので貴重品は必ずご自身で管理をお願い致します。

カプセル内ではストレッチで可動域を広げるもよし、トレーニングでより効果をたかめるもよし、リラックスして疲労回復につとめるもよし、思い思いの時間をお過ごしください。開始から約60分ほどで終了となります。

継続されることが大切です

効果をより実感頂くためには継続して頂く事が大切です。体に酸素を常に満タンにしておくことで免疫力アップ→体質改善→DNA再生(継続することで成長ホルモンが分泌されるという研究データがあります)と体に良い循環が生まれます。まずは週1回、1ヶ月4回を目安に続けてみてください。

高気圧酸素カプセルボックスをご利用頂けない方

  • 耳抜きができない方(気圧が高くなるため耳がキーンとなります)
  • アレルギーや風邪で鼻が完全に詰まっている方
  • ペースメーカーを入れている方
  • 糖尿病でインシュリンを投与されている方
  • 妊娠中の方

その他、不安がある方は必ずかかりつけ医にご相談の上ご利用ください。

その他のメニュー

イベント情報はこちらから

当店のブルペンについて説明しております。

店舗アクセスについてはこちら